マシニング加工 M10長さ35貫通タップ加工 SS400

マシニング加工で、鉄 SS400丸棒Φ25の磨き材にM10×P1.5の下穴をドリル加工後、面取り、タップにてメスねじ貫通をタップ加工をします。

SS400タップマシニング加工

タップ マシニング加工

完成品

マシニングやフライス盤は工具(刃物)が回転することにより素材を切削加工します。

マシニングやフライス盤は大まかに言えば加工する機械の事で、この製品マシニング出来る?やフライス出来る?

等と言葉での説明にも同様に使います。どの機械を使用しても加工できれば良いわけです。

主にドリルを使用し穴をあけたり、タップを使用しメスねじを加工、エンドミルを使用し外周内周及びキー溝等の加工をします。

旋盤は工具(刃物)が固定され、素材が回転することにより切削加工をします。

この機械にコンピューターが付くとNCやCNCと言われる機械になります。

言葉にしても、文字にしても機械の事を指していたり、加工方法を指していたり、いろいろ有りますが、その機械を使用し、早く安く出来れば良いわけです。

今回の加工を写真を使用し、順を追って説明します。

NC旋盤が混み合っていたため、片側をNC旋盤、反対側のネジの下穴加工及びタップ加工をマシニングで加工します。

弊社は横浜市神奈川区でCNC旋盤及びマシニング等の機械を使用し、切削部品加工をしています。皆様のお手伝いが出来るよう、いろいろなご相談にも協力させていただきます。

お問い合わせフォームもしくは電話、FAXでお気軽にご相談ください。

既製品では手に入らない部品の加工依頼を承ります。

見積もりご相談お待ちしています。

最近の投稿の下に、カテゴリーがございます。是非こちらもご覧ください。

 

NC旋盤加工

NC旋盤を使用し、片面が仕上がるように加工する。

SS400NC旋盤加工SS400 加工

外径は両側面取り加工をする。

 

マシニング加工

 

1.チャック加工及びチャッキング

SS400タップ加工鉄タップ加工

Φ25用のチャックを加工し、チャッキングする。

チャックが大きかったり、小さかったりすると、変形や把握力不足になる為、+0.02位になるように加工します。

 

2.センターリング加工

センターリング刃物センターリング刃物

製品の中心にネジの下穴が開くようにセンター穴を加工する。

センター穴を開けることにより、ドリルの位置、寸法がそろいます。

マシニングセンター穴加工マシニングセンター穴加工

 

3.ネジ下穴ドリル加工

ネジ下穴ドリルネジ下穴ドリル

M10*P1.5のメスネジを加工するため、ネジの下穴をドリル加工する。

10-1.5=8.5よってΦ8.5のドリルでネジ下穴を加工します。

ネジ下穴加工マシニングネジ下穴加工マシニング

ネジ下穴ドリル加工ネジ下穴ドリル加工

 

4.端面仕上げ加工

エンドミル

端面仕上げ

端面をエンドミルで仕上げることにより、全長の公差と、表面精度(きれいさ)を出す。

端面仕上げマシニング加工端面仕上げマシニング加工

 

5.ネジ下穴面取り加工

面取り用刃物面取り用刃物

先端90°の面取り用刃物でネジの入り口を面取りする。

タップ時のバリを含めM10のネジを加工するため、10.5位の面取りをする。

ネジ下穴面取りネジ下穴面取り

 

6.M10P1.5タップ加工

M10タップM10タップ

M10P1.5のタップを使用し、ネジ加工する

ネジを加工する事もタップという場合が有ります。

大きいサイズのネジは外径ネジ同様に刃物で加工する場合も有ります注意が必要です。

M30内径ネジもタップ加工は可能ですが、タップは何十万円してしまいます。

よって、タップの価格が高い場合は旋盤もしくはマシニングで切削加工という方法が選択されます。

M10タップ加工M10タップ加工

SS400タップ加工SS400タップマシニング加工

以上でこの製品は完成です。

 

SS400一口目メモ

鉄は、宇宙誕生と共に始まった核融合の最終形で、改造的に最も安定した元素と言われています。約46億年前誕生した地球は、鉄やケイ素、マグネシウムの酸化物からなり、鉄は地球の総重量の約35%を占めると言われています。鉄鋼とは、鉄を主成分とする金属で、英語では、iron and steel’もしくはferrous metalと表現します。鉄鋼は、金属の中で最も多く生産され使用されています。

その用途は、ビルの構造体や橋、産業機械、自動車、船、容器などがあり、様々な分野で広く使われています。その理由は、鉄鋼の高い強度、加工性の良さ、安価な事です。

鉄鋼の製造方法は、まず、高炉にて酸化鉄を主成分とする鉄鉱石を還元して銑鉄を作ります。このことを製銑と呼び、銑鉄の炭素量は3~4%と非常に高く、脆い状態です。

次に、製鋼炉にて銑鉄の炭素、硫黄、リンの含有量を調整し、炭素量が2%以下の鉄鋼が製造されます。このことを製鋼と呼びます。製鋼工程で製造された鋳塊のことを粗鋼と呼びます。