鉄SS400 Φ60磨き材を使用し、内径Rc11/2ネジ旋盤加工後、底面10-43長穴マシニング加工

SS400φ60磨き材を使用し、Rc1 1/2内径ネジを旋盤加工し、

底面に10-43長穴をマシニング加工する。

 

1.NC旋盤(端面荒加工)

旋盤用の荒加工の刃物を使用し、端面を荒加工する。

 

2.NC旋盤(穴あけ)
止まり穴になる為、タンガロイ社製のTACドリルで荒取り加工をする。

通常のドリルでは先端角の角度が付いた穴になりますが、TACドリルを使用すると底部分が平らになる為、

止まり穴を加工する場合、次工程の内径加工が楽になります。

 

タンガロイ社製TACドリルの特徴

優れた加工面と安定した切りくず排出性を追求したボディー

・4コーナー使用できる経済性に優れたTDXコンセプト

・吐出量のアップによる切りくず排出性の向上

・多様な被削材や加工環境に合わせた選択が可能

・高剛性かつ高信頼性を追求したボディ

・耐溶着性及び耐チッピング性を飛躍的に向上

 

3.NC旋盤(センターリング)

底面に長穴加工が有る為中心にΦ9.5の穴を加工する。

ドリルが曲がらない為にセンターリング加工する。

止まり穴の場合完全止まり穴(中心まで)より穴が開いている方が楽に加工出来ます。

 

4.NC旋盤(中心穴あけ)

止まり穴の中心部分の除去と、

底部分のマシニングの荒加工の為、φ9.5の穴を開ける。

 

5.NC旋盤(内径荒加工)

内径加工用の刃物を使用し、内径加工する。

今回は内径止まり穴の為、先端が大きく逃げている刃物を使用する。

入口はR1 1/2の内径ネジの為の面取りをする。

 

6.NC旋盤(内径R1 1/2ネジ切り)

内径ネジ切りチップには大まかに分類すると、

メートルネジ用と、ユニファイネジ用の先端60°のチップと、

管用平行及びテーパーならびにウィットネジ用の先端55°のチップと、

台形ネジ用の台形30°、29°が有ります。

さらに、おのおののチップにさらい刃付きと無しが存在します。

加工するネジに合ったチップを選択しますが、1箱に5個入って1セットの為

選択を間違えると大損します。

今回は管用テーパーネジのさらい刃付きの鉄用を選択しました。

さらい刃付きのチップで加工されるネジの特徴としては

①ねじ山の角が取れて仕上がり品位が向上(感触がなめらか)

②さらい刃の切り込み量を前加工で考慮する必要がある

③ピッチごとにチップの型番が決まる

 

7.NC旋盤(端面仕上げ)

外形の面取りを行いながら端面を仕上げる。

 

8.NC旋盤(突っ切り)

溝入れ加工用の刃物を使用し、製品を突っ切る

パーツキャッチャーを出し、落下する製品をキャッチする。

手で製品を取り1工程目から繰り返し加工する。

 

Rc1 1/2側

裏側

以上で旋盤加工は終了

 

1・マシニング(バイスチャッキング治具作成)

 

2・マシニング(端面加工、FM加工)

タンガロイ社製の肩削りカッターを使用し、端面加工

 

3.マシニング(φ9.5穴あけ)

NC旋盤加工時に使用した9.5のドリルを使用し、荒穴あけ加工

長穴を加工する際の始まりと終わり部分に穴を開ける

次工程のエンドミル加工が楽になる。

 

4.マシニング(ラフィングエンドミル加工)

ラフィングエンドミルφ8を使用し、長穴の荒加工

ラフィングで加工すると切子が細かくなり、重切削が出来、荒加工に向きます。

早く加工が出来る。面精度は良くない

 

5.マシニング(面取り)

ノガジャパン社製の裏座ぐりミニチャンファーを使用し、

表面と裏面を1本の刃物で加工します。

表も裏もミーリング加工で面取り・バリ取りが出来ます。

 

6.マシニング(長穴仕上げ)

仕上げ用のエンドミルを使用し、長穴を仕上げる

使用時の止めネジを支給して頂き、ネジの確認、寸法はノギスで確認し、完成

以上で製品として完成です。
見積もりご相談お待ちしております。
1番早い方法としては、045-373-9155に図面をFAXして頂き、
045-381-6072に電話して頂くのが弊社としても有難いですし早いです。

 

困った時の知恵袋 YAMAWA 管用ネジ編

管用テーパーネジは、旧JIS規格ではPT1/2-14などとPTの呼び記号が使用されていました。

現行のJIS規格ではRc1/2-14などとRcの呼び記号が使用されます。

でも実質的な、めねじ寸法はPTもRcも同じで変わりません。

旧JIS PT1/2-14 の谷の径の基準寸法は20.955 有効ネジ部の長さ12.7

現JIS Rc1/2-14 の谷の径の基準寸法は20.955 有効ネジ部の長さ12.7

「管用テーパめねじ」は旧JIS規格ではPT1/2ー14などとPTの呼び記号が使用されていました。

しかし、現行のJIS規格ではRc1/2-14などとRcの呼び記号が使用されます。

でも、実質的な、めねじ寸法は、PT1/2ー14もRc1/2-14も同じで変わりません。