銅 四角棒12をマシニングによる非鉄金属の切削加工をします。

銅の12×12の四角棒の製品を佐藤より支給頂きマシニング加工します。
はじめに旋盤でM8のオネジ部分を加工して支給して頂きます。

 

銅は非鉄金属に入りますが、専用の工具も有るくらい切削加工しにくい材料です。

1.エンドミル加工

エンドミルを使用し、図面の形状に加工します。

 

今回はステンレス用の超硬エンドミルを使用します。

↑拡大

バイスに製品をチャッキングし、エンドミルで加工します。

エンドミルを回転させ、プログラムにてエンドミルを動かします。

向こう側は長さ13、角度15°で右に加工

▢部分の長さ68.8±0.15を出しながら

手前側に長さ2.22、角度90°で加工します。

 

2.面取り加工

ノガ・ジャパン様の裏座ぐりミニチャンファーを使用し、

表と裏を1本の刃物で面取りします。

表側の面取り

裏側の面取り

分かりにくいですが、面取りが出来ています。

 

3.仕上げエンドミル加工

マシニングで加工する場合、同じエンドミルで荒加工、仕上げ加工を

行う場合が有りますが、今回は長さ方向に公差が入る為、仕上げ用を使用します。

荒加工と同じプログラムを使用し、仕上げます。

補正を変える

以上で完成です。

見積もり、ご相談お待ちしております。

 

一口メモ

・一般に金属は冷間加工によって加工硬化を起こし、その加工率によって引っ張り強さ、

伸び、硬度などの機械的性質が違ってきます。

・JISでは、伸銅品の機械的性質の違いをそれぞれの規格の中で

軟質、1/4硬質、1/2硬質、硬質、バネ硬質等に規定しています。

・伸銅品の質別は最後の焼鈍しおよび、圧延、引き抜きなどの加工によって整えられます。

・硬質(H)は強い冷間加工を行って硬くしたもので、高い強度を必要とする場合に用いられます。

・1/2硬質(1/2H)は、1/4硬質より更に強く加工した物で、打抜性がよく、曲げ加工などした後

ある程度強度を必要とするものなどに適する。

・伸銅品とは、銅および銅合金を板・条・管・棒・線の形状に加工した製品の総称です。