C3604 真鍮平角棒 マシニング加工 8-10-20 2-M3 M5

C3604 真鍮平角棒をマシニング加工します。

寸法規格8-10を21で切断後、支給して頂きます。

21部分を20に加工し、2か所M3、1か所M5を加工します。

弊社は横浜市神奈川区でNC旋盤及びマシニングを軸に部品の切削加工をしています。

図面をFAXもしくは、メールで頂ければ、見積もり、ご相談に対応します。

お気軽にご相談ください。

C3604 マシニング加工

C3604     マシニング加工

C3604 真鍮 マシニング加工

 

1工程・・面取り

C3604 マシニング加工

サンドペーパーを使用し、支給材の面取り。

平角棒の場合、片側4か所、両側で8か所の角部が有る為、機械的に面を取るか刃物で取るかに悩みます。

今までは刃物で面取りをしていましたが、価格が合わなくなって来たため、サンドペーパーで面取りをしてみました。

思ったよりうまく出来たため、良かったです。

 

2工程・・チャッキング

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

値下げ要求と原材料の値上げのため、加工費がドンドン削られ、単価が合わなくなってきたため、

本来はバイス1個に対し、1個の加工品で加工していましたが、2個加工する方法を考え、実践します。

 

3工程・・M3タップ部分の面取り

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

先端90°の面取り用の刃物を使用し、M3部分の面を取る。

刃物の先端部分がダブルポイントと言って135°の切れ刃になっているので

先端部分から90°の刃物より切れます。

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

面取りの径が、3.4くらいになるように刃物を入れます(深さ)

 

4工程・・ドリル加工(2.6mm)

C3604 ドリル加工C3604 ドリル加工

M3のめすねじをタップ加工するため、下穴を開ける

加工するめすねじが3mmでピッチが0.5計算方法としては

3-0.5+0.1=2.6となります。

本来は2.5の穴で良いのですが、ドリルの芯が出て条件が良いとピッタリの穴が開き、

検査の厳しい会社様ではNG判定を出される場合が有る為、+0.1のドリルを使用し、穴を開けます。

JIS規格でも本当はNGです。

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

5工程・・M3タップ(めすねじ加工)

C3604 タップ加工C3604 タップ加工

貫通のねじの為、ポイントタップを使用します。

ポイントタップは切子が奥に行くため、貫通ねじでは有効なタップです。

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

6工程・・エンドミル加工(全長決め)

C3604 エンドミル加工C3604 エンドミル加工

エンドミルを使用し、全長20の長さを加工する。

切断を材料屋さんに注文すると、大体+1mmで納入されるため、本当は長さ19で注文すれば20で出来るような気がしますが、怖くてできません

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

この工程で表面は完成です。

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

7工程・・M3裏面の面取り

C3604 面取り加工C3604 面取り加工

面取り用の刃物を使用し、M3の裏面を面取りする。

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

表面では2個並べて加工しましたが、材料の寸法のバラツキも少なく裏面は面取りのみなので、3個並べて加工します。

C3604 マシニング加工C3604マシニング加工

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

この工程で裏面は完成です。

 

8工程・・センター穴加工

C3604 センター穴加工C3604 センター穴加工

センター穴加工用の刃物を使用し、センター穴加工をする。

ドリルの位置や振れを防ぎ穴の芯を出すために加工する。

C3604 センター穴加工C3604 センター穴加工

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

9工程・・ドリル加工(5.4)

C3604 ドリル加工C3604 ドリル加工

5.4のドリルを使用し、深さ5mmの穴を加工する。

図面中に記載されているため、加工しますが、その奥にM5のめすねじを加工するため、何の為の穴かな?と考えさせられます。

C3604 ドリル加工C3604 ドリル加工

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

10工程・・ドリル加工(M5下穴4.3)

C3604 ドリル加工C3604 ドリル加工

4.3のドリルを使用し、M5下穴の加工をする。

M3の下穴の工程で説明しましたが、

M5ピッチ0.8の為、

5-0.8+0.1=4.3で4.3のドリルを使用します。

あくまでも今回のねじ加工の為の計算式であり、要求されるネジの等級及び使用するメーカーの推奨を参考にしてください。

C3604 ドリル加工C3604 ドリル加工

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

11工程・・面取り加工(5.4部分)

C3604 面取り加工C3604 面取り加工

先端90°の面取り用の刃物を使用し、5.4の穴の面取りをする。

加工した部分は必ずと言って良いほど面取り工程が存在します。

各メーカーでも面取り用の刃物が存在し、良いと思ったメーカーを使用しサイズバリエーションを整えましょう。

C3604 面取り加工C3604 面取り加工

 

12工程・・M5タップ加工

C3604 タップ加工C3604 タップ加工

M5のポイントタップを使用し、M5めすねじを加工する。

C3604 タップ加工C3604 タップ加工

C3604 マシニング加工C3604 マシニング加工

 

以上でこの製品は完成です。

問い合わせ、ご相談お待ちしています。

 

C3604真鍮1口メモ

C3604は、切削性に優れる黄銅(真鍮)材料で、別名「快削黄銅」とも呼ばれています。以下にC3604の特徴と用途をまとめてみましょう。

1用途

・C3604は鉛を1.8~3.7wt%含有しており、小物部品全般に使用されます。

・特に水を使うバブルや継手などで多用されています。

・塑性加工の限界は低いため、鍛造や加締め加工には向きません。

2強度

・C3604は銅ー亜鉛系合金で、適度な強度を持っています。

3耐熱性

・最低使用温度は⁻196℃であり許容引張応力は+200℃までの値が記載されています。

・使用温度範囲は⁻196℃~200℃と考えていいでしょう。

4耐食性

・C3604は銅ー亜鉛系の合金で、引張応力下で腐食環境に晒されると応力腐食割れ(時期割れ)のリスクがあります。

・ろう付けなどで急冷すると残留応力が残りやすいため、問題となる場合は200~240℃程度で応力除去することが推奨されています。

5他の材料との使い分け

・カシメ性を良くしたい場合:C3602、C3771

・カドミレス(RoHS対応)材にしたい場合:C3604CdL

・鉛レス化したい場合:鉛レス材(C6801、C6802など)

C3604は切削加工で使用される材料として優れていますが、今後は非鉛黄銅材に移行する可能性もあるため、新規の部品であれば非鉛黄銅材の適用も考慮するべきです。