C5191B(りん青銅)バー材 NC旋盤+マシニングで切削加工します

リン青銅をNC旋盤加工+マシニング加工+ベンチレース加工します。

私たちの会社は、神奈川県横浜市にてNC旋盤やマシニングなどの機械を駆使し、切削部品の加工を行っています。

多岐にわたる業種との連携がありますので、見積もりやご相談にも積極的に対応させていただきます。

お問い合わせは、フォーム、電話、またはFAXでお気軽にどうぞ。

C5191リン青銅NC旋盤+マシニング加工

リン青銅 NC旋盤加工+マシニング加工

C5191、りん青銅は「ばね材」に適した材料ですが、特に高性能のばね性が必要な場合はC5210「ばね用りん青銅」を用いたほうがよいとの記述が規格にもあります。

りん青銅とは、銅にすずと少量のりんを加えた合金で、すずの多少により、1種〜3種まで有ります。

機械的な強さが大きく耐食性大、磁性無く、スイッチ、コネクター、軸受け等に使用されます。

ばね用リン青銅は展延性・耐疲労性・耐食性が良く、特に低温焼きなましを実施してあるので高性能バネ材に適する。

ただし、棒材の場合は快削材が存在しますので注意が必要です。使用方法による。

快削リン青銅丸棒は鉛を加えているため、切削性、耐疲労性が良好です。

 

今回の加工品について、写真を用いて工程を順番に説明します。

C5191 NC旋盤加工+マシニング加工

 

NC旋盤加工

NC旋盤1工程目(外径、端面粗挽き加工)

必要な長さでチャッキング

C5191リン青銅丸棒

リン青銅丸棒

 

拡大

C5191リン青銅丸棒

リン青銅丸棒

 

荒挽き用刃物

C5191NC旋盤端面外径加工

端面外径加工

ワーク(加工物)の近くに刃物を寄せる

 

加工後

C5191端面外径NC旋盤加工リン青銅端面外径NC旋盤加工

・ワークを回転させながら刃物を下に下げる。

・外径は素材Φ30から太い部分Φ26.2、細い部分Φ13.2まで削る。

1回で一気に削れない為、4回に分けて肩肉1.5mm径で3mm削る

回数を分ける意味は、刃物の長さと切削時のパワーから、だいたいこれくらい削る。

 

NC旋盤2工程目(中心センターリング加工)

製品の中心にM8×P0.75のタップを立てる為、ドリルが曲がらない為に

ドリルの加工基準としてセンター穴を加工する。

リン青銅センター加工

センター穴加工

←加工後、中心にM8×P0.75用の穴を開けるため

リン青銅センター穴NC旋盤加工

センター穴加工

←拡大

 

NC旋盤3工程目(下穴ドリル加工)

M8×P0.75用下穴加工、

Φ7のドリルを使用します。本来は7.3のドリルで良いのですが、

ドリルが曲がって加工した場合でも、内径を仕上げれば問題がなくなります。

タップ工程がマシニングの為、芯(加工の中心)を出すため内径を仕上げます。

C5191ドリルNC旋盤加工 ←拡大→C5191ドリルNC旋盤加工

リン青銅ドリルNC旋盤加工 ←加工後 拡大→リン青銅NC旋盤ドリル加工

 

NC旋盤4工程目(内径仕上げ加工)

M8×P0.75用の下穴を寸法に仕上げます。

ネジのサイズと下穴の関係は、

 

ネジサイズM8=8mm ネジピッチ0.75=0.75mm

8-0.75=7.25

下穴7.25mmとなります。

 

ネジ用に入口の面取りも行います。

C5191内径NC旋盤加工 ←刃物

C5191内径面取りNC旋盤加工 ←加工後 拡大→リン青銅内径面取りNC旋盤加工

分かりにくいですが径でΦ8.2くらいの面取りがされています。

M8のネジに0.1くらい大きな面取りとなります。

 

NC旋盤5工程目(外径幅1mm溝加工)

部品の相手と組み合わせた場合、刃物はどうしても、先端ノーズR(刃先の丸み)

が付いてしまうため、根元部分を逃がします。

そのための溝だと判断しますが、加工者としては図面に忠実に加工します。

C5191外径溝NC旋盤加工 ←刃物 拡大→C5191外径溝NC旋盤加工

リン青銅外径溝NC旋盤加工 ←加工後 拡大→リン青銅外径溝NC旋盤加工

 

NC旋盤6工程目(外径、端面仕上げ加工)

最大外径はΦ26で小径はΦ13g6(-0.006〜―0.017)で仕上げます。

g6とは、はめ合い公差でJISで規格が決まっています。

g6・・・ローマ字の小文字で表されるのは、はめ合いに使用する軸の公差

G6・・・ローマ字の大文字で表されるのは、はめ合いに使用する穴の公差

丁寧で有難い図面は公差まで記入されていますが、13g6と書かれている場合は

加工者がJISの本を見て、規格を探し、寸法をメモに記入しプログラムを作成する。

図面に寸法公差まで記入して頂けるととても有り難いです。

C5191外径仕上げNC旋盤加工 ←刃物 拡大→C5191外径仕上げNC旋盤加工

リン青銅外径仕上げNC旋盤加工 ←加工後 拡大→リン青銅外径仕上げNC旋盤加工

 

NC旋盤6工程目(突っ切り加工)

NC旋盤で加工できる範囲を加工したら、突っ切ります。

C5191突っ切りNC旋盤加工 ←刃物 拡大→C5191突っ切りNC旋盤加工

今回は中心部分にΦ7.3の穴が開いている為、そこまで刃物を入れれば製品は突っ切れます。

C5191NC旋盤加工 ←製品落下 拡大→リン青銅NC旋盤加工

 

NC旋盤7工程目(引き出し)

DSC01264 材料を挟み

1.チャックを開く

2.材料を引っ張る(必要寸法)

3.チャックを閉じる

以上でNC旋盤加工は終了です。

1工程目にプログラムは戻り、2個目の加工に入ります。

 

ベンチレース加工

DSC01265 チャックを取り付ける 手前が面取り、奥が端面仕上げ

リン青銅ベンチレース加工 品物をチャッキングして刃物を調整します

リン青銅切子 品物を回転させ、刃物を当てる

リン青銅ベンチレース加工 奥の刃物で端面仕上げ加工

リン青銅ベンチレース加工 手前の刃物で穴の面取り加工

リン青銅ベンチレース加工 加工終了 拡大→リン青銅ベンチレース加工

ベンチレース加工は刃物を手で研ぎ、回転に合わせて手の力を加減し、表面精度を出します。

まさに熟練の加工技術です。

 

マシニング加工

マシニング1工程目(チャッキング)

ベンチレースのコレットチャックを使用し、チャッキングする。

リン青銅マシニング加工リン青銅マシニング加工リン青銅マシニング加工

 

 

マシニング2工程目(エンドミル加工)

本来リン青銅は非鉄金属の為、あまり刃物は痛まなく切削しやすい材料のイメージが有りますが、

実際切削すると刃物は痛み、量産に向かない、なかなか難儀な材料です。

Φ26部分を幅17でHカットします。

刃物はステンレス用の刃物を使用します。素材は超硬+コーティングのエンドミルです。

チャッキングを強くするとチャッキング部分の傷、変形が懸念されるため

程よくチャッキングします。

そのため、あまり切り込み量と送りはかけられません→早く加工出来ない。

リン青銅エンドミルマシニング加工リン青銅エンドミルマシニング加工

 

マシニング3工程目(センター加工)

4か所にΦ3.4の穴を開ける為、取っ掛かり用のセンター加工をします。

センター加工をすると、ドリルの取っ掛かりが出来、位置及び、寸法が安定します。

リン青銅センター穴マシニング加工リン青銅センター穴マシニング加工

 

マシニング4工程目(ドリル加工)

図面要求が4-Φ3.4の為、Φ3.4のドリルを使用します。

使用するドリルは、NACHI(不二越)製のSGESSシリーズを使用します。

リン青銅ドリルマシニング加工リン青銅ドリルマシニング加工

 

マシニング5工程(穴面取り加工)

Φ3.4の穴の面取りをします。

リン青銅面取りマシニング加工リン青銅ドリルマシニング加工

 

マシニング6工程(Hカット部分の面取り加工)

Hカット→幅17のエンドミル加工をした部分の面取り加工をします。

リン青銅裏面取りマシニング加工リン青銅裏面取りマシニング加工

ノガ・ジャパン様の裏座ぐりミニチャンファー90°刃を使用し、

表と裏を1本の刃物で面取りします。

 

マシニング7工程(中心部分のM8×P0.75タップ加工)

中心部分のM8*0.75のタップ加工をします。

細目ネジの為、タップの種類が限られます。

リン青銅タップマシニング加工リン青銅ねじマシニング加工リン青銅マシニング加工

 

マシニング8工程(裏面のΦ3.4穴の面取り)

Φ3.4の穴の面取りをします。

リン青銅面取りマシニング加工リン青銅マシニング加工

 

以上でこの製品は完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です