C3604 CNC旋盤加工 M10×P0.75極細目ねじ Φ35

C3604をCNC旋盤加工します。Φ36の材料を使用し、M10ピッチ0.75ねじを加工します。

先端に幅4深さ3のすり割りを加工します。

C3604 CNC旋盤加工

C3604 CNC旋盤加工

弊社ではCNC旋盤加工とはNC旋盤に回転工具が付きその回転工具で加工する事を言います。

今回の加工品について、写真を用いて工程を順番に説明します。真鍮ねじ加工、エンドミルによるすり割り加工です。

CNC旋盤加工+ベンチレース加工

C3604は、60/40黄銅に第三の元素として鉛を加えることで、切削性が格段に向上した快削黄銅です。

C3604は真鍮の中でも特に加工性が優れているとされています。

(切削時の切り屑処理性、仕上がり面の品質、切削抵抗、および工具の寿命などを総合的に評価した場合)

C3604は、切削を主目的とした真鍮材料として最適です。

C3604Φ36の素材からM10×P0.75のねじを切り、端面に溝(幅2.5、深さ2.4)をワンチャック加工で施します。

通常、旋盤で形状を作成した後、端面に溝(幅2.5、深さ2.4)を加工し、やすりなどでバリを取り除きます。

繰り返しチャッキングすることでチャック傷(切粉噛み)や芯ズレが生じやすくなりますが、

ワンチャック加工によって工程を減らし、製品を迅速かつ低コスト並びに高精度で製造できます。

 

M10×P0.75の極細目ネジは特殊なカテゴリーに属すると考えられます。

取り付ける刃物を変えることで、すり割りの幅や深さを調整したり、ネジのサイズも小さくも大きくも変更できます。

 

CNC旋盤加工

 

1工程.外径、端面荒挽き加工

Φ36のC3604×1000mmをNC旋盤にセットし、チャッキングします。

仕上がり寸法がΦ35であるため、1サイズ大きい材料から外径を削り取り、仕上げを行います。

図面から最外径が素材のままで良いか判断できない場合、当社では外径を切削加工します。

素材のままの状態よりも、切削加工した方が表面が綺麗に仕上がり、外観が向上すると考えられますが、

1サイズ大きな材料を使用する為、材料費は高くなり見積もりも高くなります。

NC旋盤では、プログラムを通じて刃物が数値制御され、形状を自由に作成することができます。

また、一気に加工するのではなく、切り込み量を変えることができるため、Φ36からΦ10までの切削も問題なく行えます。

太さ、長さで加工方法を決めます。

C3604CNC旋盤加工加工後→C3604CNC旋盤加工

 

2工程.外径ネジ加工

ネジ加工用刃物を使用し、外径のネジを加工します。

ネジ加工にはネジの種類メートルネジ?かインチネジ?かで、ネジの角度を決めます。

メートルネジ→ネジ山の角度60°、インチネジ→ネジ山の角度55°、そのほかにウィットねじ山の角度60°など色々な規格が有ります。

通常、ネジの先端に面取りを施しますが、その際にバリが発生することがあります。

そのため、ネジ加工後に仕上げ加工を行い、さらにネジの仕上げ加工を再度行うことで、バリのない美しいネジを製造することができます。

外径荒加工と同様に1度の切込みでネジは完成ではなく

何度か切込み量を変えてネジを製造します。

ピッチによって切込み回数が決まり、切込み量が決まります。

C3604CNC旋盤加工加工後→C3604CNC旋盤加工C3604CNC旋盤加工

 

3.端面すり割り加工

すり割り部分の図面寸法に合わせてエンドミルを取り付け、加工を行います。

エンドミルはタレット部分に装着され、回転することで加工を実施します(回転工具)。

この回転工具による加工はCNC旋盤加工と呼ばれています。これは通常のNC旋盤とは異なります。

すり割りは本来はサイドカッター等の刃物で切削されますが、当社はマシニングも所有するため、エンドミルはサイズ毎揃っています。

C3604CNC旋盤加工拡大→C3604CNC旋盤加工加工後→C3604CNC旋盤加工拡大→C3604CNC旋盤加工

4.外径及び端面仕上げ加工

図面に従い、端面及びネジ外径を仕上げながら最外径Φ35部分も仕上げる。

C3604CNC旋盤加工加工後→C3604CNC旋盤加工

 

5.溝バイトで裏の面取り加工

加工側面の裏側の外径Φ35の面取りをする。

 

C3604CNC旋盤加工

6.突っ切り→パーツキャッチャー(製品拾い)

製品を突っ切る。

C3604CNC旋盤加工

 

7.材料引き出し

引き出し専用の爪で素材を挟み込み、チャック開き→規定の寸法に引き出す→チャック閉じ

DSC00066DSC00067DSC00068DSC00069DSC00070

以上でCNC旋盤加工は終了です。

上記状態でNC旋盤はプログラムが1工程目に戻り、新たに加工を始めます。(材料分連続加工)

 

ベンチレース加工

CNC旋盤で加工終了品をベンチレースで仕上げます。

CNC旋盤を使用し、ワンチャックで加工する事により平行度、同軸度、垂直度は問題になりません。

ベンチレースは標準のコレットチャック(1〜26mm)とブランクチャック(生爪)が有り、加工内容により使い分けます。

コレットチャックのメリットとしては、チャッキング時のキズが付きずらくNC旋盤で仕上げるより早く加工出来ます。

デメリットとしてはチャック時の把握力が強くないため、強加工に向きません。

CNC旋盤で出来るまで加工し、ベンチレースでは端面をサラッと仕上げられる程度にする。

当社としてはこの様な製品が1番お安く加工出来ます。

 

チャッキング

C3604ベンチレース加工加工後→C3604ベンチレース加工

 

以上でこの製品は完成です。

皆様見積もりご相談お待ちしています。

 

C3604CNC旋盤加工

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です