マシニング加工とは

マシニング(Machining Center)とは、フライス盤をコンピュータ制御(CNC)して加工します。

その為、頭文字を取りMC加工と呼ばれる場合が有ります。

マシニングは工具を複数本工具マガジンに格納でき、材料(ワーク)を固定したまま

ATC(Automatic Tool Changer)にて刃物を交換し目的に合った加工ができます。

コレガフライス盤との最大の違いです。

加工の特徴としては材料(ワーク)を固定し、刃物を回転させ加工するところです。

加工の種類としては大まかに

位置出しのセンタリング加工、ドリル加工、タップ加工(雌ねじ加工)エンドミル削り加工等が有ります。

プログラムにより直線だけではなく、円弧等複雑な形状も加工可能です。

センタリング穴開けCIMG2501hptest

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です