(株)東北製作所 横浜市 NC旋盤 マシニング

NC旋盤加工+ベンチレース加工+マシニング加工

今回はSS400を使用します。

このような形状の加工経験は、ステンレス、鉄、真鍮、アルミいろいろな材質とサイズが有ります。

この形状はワッシャー、カラー、スペーサー、コマ、ローラー等呼ばれ基本的な形状です。

表側の加工をNC旋盤で加工し、裏側の加工をベンチレースで加工

弊社はこの様な形状は得意で特にお安くご協力できると思います。

当社は横浜市神奈川区でNC旋盤やマシニングなどの機械を駆使し、切削部品の加工を行っております。多岐にわたる業種との連携もありますので、見積もりやご相談をお待ちしております。

今回の製品加工は、材質、サイズ、数量を問わず、私たちの得意とする加工の一つです。

鉄 NC旋盤加工

鉄 NC旋盤 ベンチ仕上げ

更にマシニングを使用し、Dカット、Hカット、キー溝加工、タップ加工等のフライス加工を追加したような加工も得意としています。

 

1.荒引き加工

荒引用の工具を使用し、外径と端面を荒引加工する。

SS400NC旋盤荒加工加工後→鉄NC旋盤荒加工

 

2.内径ガンドリル加工

ガンドリルはチップ式のドリルで通常のドリルよりも加工スピードが上がります。また、先端が平に加工できるため次工程に

平があればさらに加工時間の短縮になります。ザグリ穴とも言います。

NC旋盤ガンドリル加工後→NC旋盤ガンドリル加工

 

3.通常ドリル加工(内径の仕上げ寸法により変更する)

中央の穴の為にドリルで下穴を開ける。

図面寸法により、ドリルのサイズを変更する

SS400NC旋盤ドリル加工加工後→鉄NC旋盤ドリル加工

 

4.外径端面仕上げ加工

NC旋盤仕上げ加工

5.内径仕上げ加工

SS400NC旋盤内径加工加工後→鉄NC旋盤内径加工

6.突っ切り加工

SS400NC旋盤突っ切り加工加工後→鉄NC旋盤突っ切り加工拡大→SS400NC旋盤加工

7.材料引き出し

DSC00135DSC00136DSC00137

必要な寸法分引き出し、NC旋盤は1.工程に戻ります。

1.ベンチレース加工

SS400ベンチレース加工

端面仕上げ加工

鉄ベンチレース加工

内径面取り加工

SS400ベンチレース加工

 

以上NC旋盤とベンチレースを使い分ける事により、早く安く綺麗に出来上がります。

ベンチレースの無い会社様ですと、NC旋盤を使用し仕上げるか

バックチャック使用のNC旋盤で裏側も仕上げるため、

お値段的に割高になると思います。

 

弊社はこの様なNC旋盤で片側から極力加工し、

裏側はベンチレースで仕上げる

このような組み合わせを最も得意とします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です