S45Cを∮8±0.0075(外径研磨)×L134±0.3に2-2キリのNC旋盤加工をします

NC旋盤加工

 

S45C黒皮 ∮12×1000を使用し、加工します。

S45Cの丸棒材の表面は大まかに、黒皮、みがき、研磨に分かれます。

黒皮は熱間圧延され、表面はボコボコしています、熱間圧延は、高温であるために表面に酸化被膜ができます。メーカーから圧延したままの状態で出荷されます。

みがきは、冷間引き抜きされ、表面がツルツルしています、冷間でロール圧延したり、ダイスを通したりする為きれいに仕上がっている鉄鋼素材です。

研磨は文字通り表面が研磨されています。

それぞれの製品や切削機械により材料の表面は選択します。

今回は値段も安く、加工後の歪も少ない黒皮を選択して加工します。

ちなみに単純に同サイズで比較すると素材の値段は 黒皮< みがき< 研磨となります。

 

1工程(外径、端面荒挽き加工)

NC旋盤

規定の長さを出し、粗挽きバイトにて端面と外径を切削する。

DSC00883バイトを寄せる8-2端面と外径を切削する8-3

 

2工程(外径、端面仕上げ加工)

NC旋盤

規定の長さを出し、仕上げバイトにて端面と外径を図面寸法に仕上げる。

全長が134と長いため、全長の1/3くらいを仕上げる。

DSC00889バイトを寄せる8-5端面と外径を図面寸法に仕上げる

 

3工程(センタリング加工)

NC旋盤

後工程の焼き入れ、研磨加工の為に全長の両側にセンター穴を加工する。

8-6バイトを寄せる8-7拡大8-9

 

4工程(引き出し)

NC旋盤

図面寸法分引き出す。

DSC00895素材部分を挟み込む8-11

 

5工程(突っ切り)

NC旋盤

突っ切りバイトで切り落とす。仕上がり寸法+0.2

8-12落下8-13

 

6工程(反対側の端面仕上げ→全長寸法出し)

ベンチレース

素材寸法∮12のコレットチャック(完成しているチャック)を取り付け、全長が図面寸法になるように段取り(ベンチレースのセット)。

8-13∮12のチャックを取り付ける

8-14製品をチャッキング

8-15全長を加工する

8-16

8-17センタリング加工

8-18拡大→8-19

 

5工程(反対側外径加工)回転センター

NC旋盤

回転センターとは、主に長い細い加工物を支えるための保持具で先端部が回転する。
その為加工物に剛性が出てビビり等による寸法が出ない、表面の精度が出ない等の問題を解決する道具です。

8-20チャックでチャッキング

8-21回転センターを張る

8-22刃物を寄せる→加工物が細い場合センターと干渉しないようにバイトを選択

8-23加工8-24

以上で旋盤加工は終了です。

 

マシニング加工

バイスに製品を取り付ける、1つのバイスに各2本取り付ける

DSC00976

1工程(センターリング加工)

センターリング加工をする事により次工程のドリルの食いつきを良くし、

ドリルの穴位置精度を向上させます。

DSC00979 ←刃物寄せ 刃物拡大→DSC00978

2工程(ドリル加工Φ2)

2mmのドリルで穴を開ける

DSC00983 ←刃物寄せ 刃物拡大→DSC00981

DSC00984 ←加工後 拡大→DSC00986

3工程(面取り加工)

外形を研磨で仕上げるため、+0.3mm

DSC00988 ←刃物寄せ 加工後→DSC00990

以上でマシニング加工は終了

 

ボール盤加工

Φ2の穴の裏面の面取り

ボール盤に面取り用の刃物を取り付け回転させる

ハンドルを回し刃物を下げる

以上で弊社切削加工は完成です。

 

この後、焼き入れ屋さん→研磨屋さんにわたり、製品としては完成します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です