S45CをΦ8±0.0075(外径研磨)×L134±0.3に2-2キリのNC旋盤加工をします

鉄 S45C黒皮の丸棒バー材(1m) Φ12×1000を使用し、NC旋盤で加工します。

仕上がり寸法は、外径Φ8.3、長さ134公差±0.3、マシニングを使用し、両端の側面に2ー2貫通穴を加工します。

私たちの会社は神奈川県横浜市にてNC旋盤やマシニングを駆使し、部品の切削加工を行っております。多岐にわたる業種との連携もございます。

見積もりのご相談お待ちしています。こんな事出来る?こんな値段で出来る?にも挑戦します。

お問い合わせは、フォーム、電話、またはFAXでお気軽にどうぞ。

S45C NC旋盤加工

S45C NC旋盤加工

 

S45Cの丸棒材の表面は、大まかに黒皮、磨き、研磨の三つに分類されます。黒皮材は熱間圧延され、その表面は凹凸があります。

熱間圧延は高温のため、表面には酸化膜が形成されます。これらはメーカーから圧延された状態のまま出荷されます。

みがき材は、冷間引き抜きにより表面が滑らかになっており、冷間ロール圧延やダイスを通すことで美しく仕上げられた鉄鋼素材です。

研磨材は文字通り表面が研磨されています。

製品や加工機械に応じて材料の表面を選択します。今回は、コストが低く加工後の歪みも少ない黒皮材料を提供していただき、それを加工します。

材料を支給する主な理由は、材料の品質保証にあります。これはお客様と加工会社の信頼関係に基づいて成立します。

支給された材料は、後続の工程(熱処理、研磨)においても規格を満たすことが保証されます。

同じサイズで比較した場合、素材の価格は黒皮材が最も安く、次に磨き材、そして研磨材が最も高価になります。

今回の加工品を写真を使用し、順を追って説明します。

NC旋盤加工

1工程(外径、端面荒挽き加工)

NC旋盤

規定の長さを出し、粗挽きバイトにて端面と外径を切削する。

S45C NC旋盤加工バイトを寄せるS45C NC旋盤荒加工端面と外径を切削するS45C NC旋盤荒加工

 

2工程(外径、端面仕上げ加工)

NC旋盤

規定の長さを出し、仕上げバイトにて端面と外径を図面寸法に仕上げる。

全長が134と長いため、全長の1/3くらいを仕上げる。

S45C NC旋盤仕上げ加工バイトを寄せるS45C NC旋盤仕上げ加工端面と外径を図面寸法に仕上げる

 

3工程(センタリング加工)

NC旋盤

後工程の焼き入れ、研磨加工の為に全長の両側にセンター穴を加工する。

研磨屋さんではこのセンター穴に回転工具を取り付け研磨します。

そのため、左右のセンター穴は研磨代より振れると研磨できません。

S45C NC旋盤センターリング加工バイトを寄せるS45C NC旋盤センターリング加工拡大S45C NC旋盤センターリング加工

 

4工程(引き出し)

NC旋盤

図面寸法分引き出す。

DSC00895素材部分を挟み込む8-11

 

5工程(突っ切り)

NC旋盤

突っ切りバイトで切り落とす。全長の仕上がり寸法+0.2

S45C NC旋盤突っ切り加工落下S45C NC旋盤突っ切り加工

 

以上でNC旋盤加工の片側加工は終了、
1工程目に戻り2個目の加工を開始します。

 

6工程(反対側の端面仕上げ→全長寸法出し)

ベンチレース

素材寸法Φ12のコレットチャック(完成しているチャック)を取り付け、全長が図面寸法になるように段取り(ベンチレースのセット)。

ベンチレースブランクチャックΦ12のチャックを取り付ける

S45C ベンチレース加工製品をチャッキング

S45C ベンチレース端面加工全長を加工する→全長の図面寸法完成

8-16

S45C ベンチレースセンター穴加工センタリング加工

S45C ベンチレースセンター穴加工拡大→S45C黒皮 ベンチレースセンター穴加工

 

5工程(反対側外径加工)回転センター

NC旋盤

回転センターとは、主に長い細い加工物を支えるための保持具で先端部が回転する。
その為加工物に剛性が出てビビり等による寸法が出ない、表面の精度が出ない等の問題を解決する道具です。

8-20チャックでチャッキング

S45C黒皮 センタ押しNC旋盤外径加工回転センターを張る

8-22刃物を寄せる→加工物が細い場合センターと干渉しないようにバイトを選択

S45C黒皮 NC旋盤外径加工加工S45C黒皮 NC旋盤加工外径

以上で旋盤加工は終了です。

 

マシニング加工

バイスに製品を取り付ける、1つのバイスに各2本取り付ける

S45C黒皮 マシニング加工

 

1工程(センターリング加工)

センターリング加工をする事により次工程のドリルの食いつきを良くし、

ドリルの穴位置精度を向上させます。

S45C黒皮 マシニングセンタ穴加工 ←刃物寄せ 刃物拡大→センター穴刃物

 

2工程(ドリル加工Φ2)

2mmのドリルで穴を開ける

S45C黒皮 マシニングドリル加工 ←刃物寄せ 刃物拡大→S45C黒皮 マシニングドリル加工

S45C黒皮 マシニング加工ドリル ←加工後 拡大→S45C黒皮 マシニング加工ドリル

 

3工程(面取り加工)

外形を研磨で仕上げるため、+0.3mm

S45C黒皮 マシニング加工ドリル面取り ←刃物寄せ 加工後→S45C黒皮 マシニングドリル面取り加工

以上でマシニング加工は終了

 

ボール盤加工

Φ2の穴の裏面の面取り

S45C黒皮 ボール盤面取りS45C黒皮 ボール盤面取り

ボール盤に面取り用の刃物を取り付け回転させる

ハンドルを回し刃物を下げる

以上で弊社切削加工は完成です。

 

この後、焼き入れ屋さん→研磨屋さんにわたり、製品としては完成します。

皆様見積もりご相談お待ちしています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です