SCM440 黒皮Φ32丸棒 NC旋盤+ベンチレース加工

SCM440の黒皮Φ32丸棒バー材(1m)を使用し、NC旋盤で加工した後、ベンチレースでさらに加工を行います。

加工後は、お客様のもとで熱処理を施した後、研磨加工が行われます。

SCM440 NC旋盤加工

SCM440    NC旋盤加工

弊社は横浜市神奈川区でNC旋盤及びマシニングセンターを軸に部品の切削加工をしています。

弊社のNC旋盤はバー材仕様となっており、このような加工を得意としておりますので、低コストでの加工が可能です。

丸物でも角物でも、お気軽にご相談ください。

今まで付き合いのあった工場が閉鎖してしまい、困っている等の相談にもご協力できます。

まずは、ホームページを見たんだけどとお電話いただければと思います。045(381)6072

 

SCM440 NC旋盤加工

 

NC旋盤加工

1工程・・チャッキング

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

加工に必要な長さを出して、チャッキングする。

 

2工程・・端面及び外径荒加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

端面及び外径荒加工用の刃物を使用し、端面及び外径を荒加工する。

32の材料を使用し、仕上げ代を付け30,20まで荒加工する。

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

 

3工程・・外径溝加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

幅1mmの外径溝加工用の刃物を使用し、外径2か所に溝を加工する。

一か所が、底径φ19で、溝の幅1.3で公差0~+0.14

一か所が、底径φ17で、溝の幅3底の角部がR0.5、外径角部の面取りがC0.3です。

2か所共に1本の刃物で、プログラムにより違う溝を加工します。

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

 

4工程・・外径溝加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

幅3mmの突っ切り用の刃物を使用し、溝加工としての使用方法で

径15.3幅9の溝加工をする。

SCM440 NC旋盤加工

SCM440 NC旋盤加工

 

5工程・・センター穴加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

センター穴加工用の刃物を使用し、研磨加工時に触れ防止に使用する回転センター用のセンター穴を加工する。

SCM440 NC旋盤加工

SCM440 NC旋盤加工

 

6工程・・研磨逃げ加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

チャック側からの根元に研磨逃げを加工する。

研磨加工の際の砥石のR部分を逃がす。

お客様との詳細な打ち合わせが必要な部分ですが、逃げていれば良いとの事なので、溝加工用の刃物5°テーパーの刃物で逃がし加工をする。

根元部分がノギスで測定して、最終研磨寸法より径でー0.03位で加工する。

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

 

7工程・・端面及び外径仕上げ加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

外径及び端面仕上げ用の刃物を使用し、仕上げる。

研磨代+0.3を付けて仕上げる。面取りも研磨後の大きさが表記されているため、面取り部分も考慮する。+0.15大きく面取りする。

 

SCM440 NC旋盤加工

SCM440 NC旋盤加工

SCM440 NC旋盤加工

 

8工程・・突っ切り加工

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

4工程で使用した突っ切り用の刃物を使用し、加工品を突っ切る。

突っ切りの位置にC0.6の面取りをしておくと、次工程の1工程分が無くなり楽になります。

SCM440 NC旋盤加工SCM440 NC旋盤加工

 

9工程・・引張

専用の引っ張る道具を使用し、必要な長さを引っ張る。

一連のプログラムとしては、

道具が材料を挟む→チャックオープン→引っ張る→チャッククローズ→道具を逃がす

この工程後、プログラムが先頭に戻り、1工程目から加工が始まります。

 

ベンチレース加工

この製品はリピート品で受注頻度も高いため、専用のチャックが有ります。

奥側に突っ切りの刃物、手前にカシメ用のテーパー加工用刃物、ドリルチャックにはセンタドリルを取り付けベンチレース加工開始です。

奥の突っ切りでNC旋盤加工の突っ切りの残り(ダボ)を突っ切る

センタードリルで必要な深さを加工する。

手前のカシメ用のテーパー加工用の刃物でテーパー加工

センタードリルでセンターの深さ調整

以上でこの製品は完成です。

 

SCM440一口メモ

SCM440は、クロム鋼に少量のモリブデンを加えて強化した合金鋼であり、「クロモリ」とも呼ばれています。
炭素含有量は約0.4%で、高い引張強度を持つ合金鋼です。
かつてJIS記号では「SCM4」として知られていましたが、現在はSCM440という名称に変更されています。
この材料は、自動車のエンジンやシャフト、航空機の脚部品など、多岐にわたる用途に使用されています。

SCM440は焼入れ性が良く、大型の機械部品に適しています。また、強度と靭性が高いため、負荷の高い部品にも適しています。

さらに、焼入れ性を保証したSCM440Hという材料も普及しており、棒や管などの規格が存在します。

簡単に言えばSCM440は頑丈で強い材料であり、機械部品の設計に広く使用されています。

この部品の加工に対し、切削性は特に問題が無い範囲だと思います。

 

別の特殊鋼の切削加工品の紹介

SCM440 NC旋盤加工+ベンチレース+マシニングによる切削加工部品を製造します。
SNCM439 NC旋盤加工 仕上がりΦ16×L17穴8 黒皮Φ18加工
GOA 黒皮材をNC旋盤加工 Φ16 外径Φ12.3内径Φ7.7全長6.6