SCM440 NC旋盤加工+ベンチレース+マシニングによる切削加工部品を製造します。

SCM440黒皮の材料を使用し、NC旋盤にてΦ34×穴Φ16×15Lを制作し、
マシニングセンターにて25角を金属加工します。

表         裏         斜め上

 

NC旋盤 1工程

規定の長さを出し、チャッキング

 

NC旋盤 2工程

荒加工用の刃物で、端面及び外径の加工

 

NC旋盤 3工程

NACHI社製のオイルホールドリルを使用し、穴あけ

仕上がり寸法がΦ16.7の為、16.5のドリルを使用

ドリルに穴が貫通している為先端からクーラントが出ます。

確実に切削部分を冷却できる為、切削スピードを上げられます。

 

NC旋盤 4工程

内径荒加工用の刃物を使用し、内径荒加工

 

NC旋盤 5工程

外径仕上げ用の刃物を使用し、外形及び端面仕上げ

 

NC旋盤 6工程

内径仕上げ用刃物を使用し、内径仕上げ

 

NC旋盤 7工程

溝加工用の刃物で溝入れ

部品として落下

 

NC旋盤 8工程

専用の引き出しを使用し、治具で

挟む→チャックオープン→引く→チャッククローズ

で又、NC旋盤1工程にプログラムが戻り加工を開始します。

 

以上でNC旋盤工程は終了

 

ベンチレース加工

ブランクチャックを直接加工し、加工する部品に合わせる。

今回は外径Φ34の為、この大きさのチャックを制作する。

部品をチャックし、上記画像右側の刃物で端面加工、左側の刃物で内径面取りを加工。

 

表 NC加工     裏 ベンチレース加工

 

以上でベンチレース加工終了

 

マシニング 1工程目

バイスに加工品をチャッキングする。

 

マシニング 2工程目

FM(フェースミル)

今回はタンガロイ社製のTACミルを使用し、上面加工

 

マシニング 3工程目

ラフィングエンドミルを使用し、側面加工

プログラムにより、手前側はC0.5、奥川はC1.3の面取り。

 

マシニング 4工程目

先端90°の面取り用の刃物を使用し、上面の面取り

 

以上でマシニング片側終了

 

2工程は反対側をマシニング加工。

 

以上で全ての加工が終了です。

見積依頼、加工依頼、ご相談お待ちしております。

 

 

 

 

 

クロムモリブデン鋼鋼材(SCM材)の用途、機械的性質、概要

機械構造用合金鋼の一つで、通称、「クロモリ」もしくはクロモリ鋼と呼ばれる材料です。

クロム鋼にモリブデンを入れて改良されたもので、SCr材よりもさらに焼き入れ性にも優れています。

焼き戻しに対する抵抗、機械的性質が優れているほか、靭性もあるため、自動車部品、

ボルト、ナット類にも使われます。500℃前後の高温下でも強度が低下しにくいといわれる材料で

高温高圧が前提となる筒所に使われることもあります。

自転車のフレームとしても人気で、適度な「しなり」が発生し、振動を吸収するためアルミに比べて

疲労度が少ないという見解もあります。他にもクランクシャフト、フライホイール、スタビライザー

ボルト、継手、航空機脚部品、エンジン部品等にも使われます。

なお、この素材はクロムの添加量が比較的少ないことから、錆とは無縁ではありません。

また価格としては鋼材の中ではそこそこするほうですが、特殊な合金に比べれば汎用度が高く、

値頃感もあります。

きれいに仕上げることが出来るため、美観が求められる製品などにもよく使われます。