SS400 Φ55×L10旋盤加工に幅10長さ29の長穴マシニング加工

SS400のΦ55の材料を使用し、Φ55×長さ10の旋盤加工品に幅17×長さ29のマシニング加工をします。

製品の値段は加工費+材料費で決まりますが、工場によっては管理費や不良率等を含め見積もりますが、

弊社のように少人数で経営している工場は加工費+材料代で見積もります。

よって他に比べ安く見積もれると考えます。品質も劣る事はございません。

旋盤加工

1.端面及び外径荒加工

↑SS400Φ55の磨き材より加工

材料をチャッキングし、回転させます。刃物を機械送りで近づけ、切削送り、上から下

端面が削れます。

そのまま外径と段差部分を右から左、段差部分はΦ42なので切り込み量3mmで

数回に分け切削します。全てプログラムで動きます。

↑表面は荒いですが形状は出来ます。

荒加工は一つのチップで端面も外径も削ります。

一般公差を利用して外径はマイナス目ギリギリを狙います。

 

2.センター加工

ドリルの取っ掛かり(初め)を決める。

センタードリル(専用工具)を使用し、径がドリルの3分の1ぐらいの穴が開くように深さを決める。

各ドリルメーカー様によってマチマチですが、ドリルを早くまっすぐに入れる為の工程です。

超硬ドリルを使用する場合は要らない工程になります。

 

3.ドリル加工

今回の長穴は中央を通る為、旋盤加工で中心部に荒加工としてドリル加工をします。

 

4.突っ切り加工

素材部分と製品部分を溝入れ用の刃物で切断する。

製品部分には端面仕上げ用の0.2mmくらいの仕上げ代を付け切断する。

 

5.素材引っ張り

素材を専用の引っ張り道具で

素材を挟む→チャックオープン→素材を引っ張る→チャッククローズ→逃がす

以上の工程で旋盤加工終了。

プログラムでまた1工程目からスタートすることにより同じ製品が2個3個と出来上がります。

 

ベンチレース加工

ベンチレースで専用チャックを製造しチャッキングした後

端面を仕上げます。

 

マシニング加工

1.チャッキング

NC旋盤及びベンチレースで仕上げた製品をマシニング加工用の治具にセットする。

 

2.センター加工

ドリルの取っ掛かりの為にセンター加工をします。

 

3.ドリル加工

マシニング加工で削るとは、エンドミルやドリルで削る事が多いですが

早く、大きく削るにはドリルが一番です。

よって長穴の反対側にドリルで穴を開けます。

 

4.エンドミル加工

エンドミルは超硬のエンドミルを使用します。

各メーカー様でいろいろな特色のエンドミルを出しますが、やはり高価なため

再研磨、再コーティングにより使用出来なくなるまで使用します。

ただし、超硬工具は高価ですが、加工スピードが速く、仕上がりがきれいな為

お気に入りのメーカー並びに刃物は決まっていきます。