SS41の□30×20を使用し管用テーパーネジRc1/4の加工をします。

SS41はSS400(一般構造用圧延鋼材) の事で

S45C及びS50C(機械構造用の炭素鋼鋼)と並び鉄系では最もポピュラーな材料です。

今回は□30×21Lで材料屋さんに切断して頂いた物を購入し、切削加工します。

片側は∮9.7、∮7.9貫通→反対側はPT1/4 PT3/8です。

PTは管用(くだよう)テーパーネジの呼び方で、JIS及びISOで規格は統一されています。

テーパおねじ: R(旧PT). テーパめねじ: Rc (旧  PT).と呼ばれ、最終的にはネジゲージで確認し、合否の判断をします。

また、管用ネジには平行ネジが有ります。

弊社のマシニングは通常4台のバイス(ねじ作用で開閉する可動体の口金との間に,工作物をはさんで固定する作業工具)にワーク(加工する素材)を固定し加工します。

 

管用テーパねじ (水密、気密を必要とする部分) テーパおねじ R PT JIS B0203
テーパめねじ Rc PT
平行めねじ Rp PS

DSC00071

1工程→端面荒加工

・仕上がり寸法が20Lの為、片側0.4mm削ります。

荒加工は文字どうり表面の仕上がり(表面精度、綺麗さ)は関係なく厚く早く削ります。

DSC00072

2工程→端面仕上げ加工

・仕上がり寸法が20Lの為、片側0.1mm削ります。

仕上げ加工は文字どうり表面の仕上がり(表面精度、綺麗さ)

及び寸法公差を出すため薄く早く削ります。

DSC00073

3工程→穴あけ加工加工

・ドリルでネジの下穴を開けます。

この製品には三菱マテリアル社製の座ぐり穴用ハイスミーリングシャンクドリル

バイオレット高精度ドリルを使用します。

数量が少ない時には専用工具として使用はしませんが(試作時)、

量産になり、数量が増え、価格が下がる?時には加工時間の短縮等、工夫しないと

赤字製品になってしまいます。

この先端形状のドリルを使用することにより通常は

1.センタリング加工

2.ドリル穴あけ加工

3.エンドミルで底を平にする加工と3工程かかりますが

座ぐり用ハイスミーリングシャンクドリルバイオレットを使用すると直接穴が開き底が平に仕上がる為

このような形状には便利なドリルです。ドリルサイズ、価格との闘い

また、見た目の形状からロウソク刃とも呼ばれたりします。

本来はまさに座ぐり穴用(キャップスクリュー、六角穴付きボルト)の頭の部分を隠す為の

穴あけのドリルですが、最近各サイズのラインナップが充実してきました。

3工程省けるためドリル代が高くても、総加工時間が短くなる為、価格的にお安く加工出来ます。

DSC00077DSC00075

4工程→穴面取り加工

・ドリルで開けた穴の淵を面取りバイトで面取りします。

通常の穴は0.1〜0.3程度、ネジの入り口はそのピッチ分大きく面を取ります。

45°の面取りの場合はCで表します。(C0.5→45°の面取り工具で径方向0.5mm、深さ0.5mm削ります)

DSC00083加工後→DSC00086拡大→DSC00087

5工程→ネジ加工

DSC00094

DSC00108

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です