SUS304で外径∮38×長さ53Lで先端M3をNC旋盤で加工します

SUS304(別名18Cr-8Ni)はステンレス鋼材のうち、オーステナイト系ステンレスの代表的な鋼種で、

耐食性、靭性、延性、加工  性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されています。

クロムニッケル系ステンレス鋼で  主成分は18%Cr-8%Niです。

 

1工程(端面、外径荒加工)∮40×1000mmの素材をセットする。

∮40からM3(外径3mm)まで切削するが、長さ30mmの為、先端のM3部分を先に仕上げる

DSC00278DSC00279

 

2工程(外径雄ネジ加工)∮40から外径∮3mm長さ10mm切削後先端のM3部分を先に仕上げる。

DSC00280DSC00281

3工程(M3部分)の端面と外径を仕上げる

4工程 再度ネジ加工し、ネジを完成させる

5工程 外径荒加工(図面に従い加工)

DSC00278DSC00283

 

6工程 外径R1.5加工(外径にR1.5加工をすると端面から0.5幅の溶接開先部が加工出来ます)

各メーカーから各サイズのR型のチップが販売されています。

昔のようにRの形状がおかしい、寸法が出ていない等の不具合は減ります。

DSC00284DSC00286

 

7工程 外径を仕上げバイトで加工し、寸法及び表面精度を仕上げる

外径∮3から最大外径∮38まで、加工するのは結構大変ですが

NCが各寸法での適切な回転数と送り速度を算出してくれるので

汎用旋盤の様に苦労する事が無くなりました。

これがNC旋盤最大の売りである周速一定制御です。

ワークの周速が一定になるように制御してくれます。

constant surface speed controlです。

DSC00288DSC00290

 

8工程 突っ切りバイトで加工が終了した製品を突っ切り落とす

DSC00291DSC00293DSC00294

9工程 引っ張り工具で既定の長さ分素材を引っ張り出す

DSC00295 引き出し後→DSC00296

 

ここでNC旋盤の加工は終了、また1工程目にプログラムが戻り新たに製品を切削します。

 

ベンチレース加工

1工程 ∮10部分をベンチレースのコレットチャックでチャッキング(固定する)

DSC00301 ←ドリル加工

ベンチレースではM4の下穴ドリル加工、端面荒挽き加工、端面仕上げ加工、角部面取り加工をワンチャックで加工する。

DSC00298 ←奥の刃物で端面仕上げ加工

NC旋盤であらかじめ仕上げ代0.1mmを付けておく

 

DSC00297 ←手前の刃物でネジM4の面取り

 

以上でベンチレース加工が終了です。

 

M4タップ加工

DSC00319 ←ベンチレースのコレットチャックを使用しチャッキング

DSC00320

DSC00322 ←今回は材質がステンレスの為、

DSC00324YAMAWAさんのロールタップステンレス用を使用します。

 

以上ですべての工程が終了します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です